ケチが付いたオーダーは・・・

今まで出荷や輸入をした件数は何件になるだろう・・・

仮に1ヵ月20件として、30年も👀輸出入に関わってキタので7,200件の計算になる💦

で、その中でも1つ上手く行かなくなるとドンドン問題が出るオーダーってのがあって・・・

それをケチが付くと言ってます。そーなると最後までダメ💦で大変な事が起こります。

1度 ケチが付くとは不吉な予兆、不運によってその後も問題が発生する事だそうです。

輸出でFOB条件だと、お客さんの方がどこの🚢船会社とか🛫エアーの会社、乙仲を指定してきたりして、

(決まった所で手配ならドンドンやりますが)指定乙仲に連絡を取り、出荷をします。

間にヨーロッパの支店が入っていて、製品は日本出荷ですが、客先の要望が掴みきれてなくて、確認、確認した上に出荷日が決定。工場より🛩エアーなので成田の倉庫に搬入してから、出荷保留となった注文がありました。

理由は👀クリスマス商戦の時期なので、エアーのコストが高いので、年末ごろ出荷して欲しいと・・・

年末まで1ヶ月半位あったけど、なんとか乙仲さんに交渉して倉庫代掛からずに保留が出来きて、喜んでました・・・ま、売り上げの月が変わるけど、仕方ないと・・・

ホントは年末は出荷ムリで・・・日本は年末年始の休み長いしね・・・と思ってましたが、

やっと飛行機の便が決まり、出荷され~やっと完了と安心してた時です・・・

現地で貨物を倒されて、保険の対象に👀・・・と・・・最後まで問題が起きる~

精密機械はね・・・倒されて衝撃がかかるとダメなのよね・・・

ショックウォッチっていう衝撃度合いが分かるモノ付けてるんだけどね・・・

そーなると、代替えの製品を作り直して、また出荷の手配から・・・となります・・・

ホントこの注文には手が掛かるなぁ・・・と思ったり・・・

不思議ですよね・・・何か、1つケチが付くと悪いものが悪いモノを呼び寄せる?


貿易ランキング

ランキングに参加してます。

ポチっとお願いします~

17件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です